MTGのEMS機器SIXPAD(シックスパッド)開発者森谷教授(京大の筋肉先生)の講演会に行ってきました

更新日:

SIXPAD(シックスパッド)の開発者の森谷敏夫教授の講演会に行ってきました。

こちらが先生の著書。

講演会、もりだくさんですごく面白かったので、印象に残ったところを振り返ってみます!

筋肉は臓器である

森谷先生がおっしゃるには、筋肉は人間の最大の臓器なのだそうです。

筋肉が基本で、筋肉がくたばったら骨もくたばるし、脳もくたばる。心臓をはじめ循環器系もみんなくたばる。(本の帯より)

 

心臓の鼓動

年を取っても筋肉のことはほったらかし。

するとどんどん動けなくなる。

筋肉は糖を分解することのできる臓器だから、筋肉を鍛えれば、糖尿病になったり認知症になるのを防げる可能性が高まるのに・・

運動

身振り手振りも交え、時々関西テイストなギャグも入りつつ、結構すごいインパクトがあるお話なのです。

・・詳しくは「京大の筋肉」に書かれていますが、とにかくすごく面白かったです。

歩くスピードが遅いと早死にする

長年にわたる大規模な調査でわかったのですが、健脚の方が長生きするそうです。

これもびっくりなお話でした。

ウォーキング

歩くスピードが出せないのは、心臓が弱くなっているから。

血液を送るポンプが弱まっているということは、エネルギーが体にいかないので、早く歩けないということなのです。

歩くスピードは寿命のバロメーターなのです!

最近、会社によっては、会議を立ちながらしたり、一定の時間になるとデスクの高さが変わって立ち仕事をすることになる企業があるとニュースでやっていましたが、、大事なことなんですね。足の健康って。

歩く歩幅が狭いと認知症リスクが高まる

こちらも調査で分かった結果ですが、歩幅が狭い人は歩幅が普通の人より認知症リスクが上がるのだそうです。

また、女性の場合はさらにリスクが確率が顕著に上がるそうです。

散歩

最近は若い女性の女性の筋肉の劣化が早いそうです。

若い人の5%がサルコペニアという、筋肉の老化による身体機能の劣化が起こってしまっているそうです。

これは若い時代からの無理なダイエットなどが原因だとのこと。

いくら見た目は綺麗でも、中年以降にヨレヨレになってしまっては困りますよね。

やはり目指すなら筋肉のある美ボディがいいようですよ。

運動で認知症が改善する可能性がある

認知症の原因は様々と言われていますが、研究の結果、運動不足・高脂肪症・ストレスは認知症のリスクを高めることがわかってきています。

また、糖尿病も認知症のリスクを高めるそうです。

筋肉を鍛えると、筋肉からいろんな遺伝子が出てくる。

筋肉を鍛えることは脳を鍛えること

先生がこれほど筋肉を鍛えているのは、自分の脳を元気に保ちたいからなのだそうです。

高齢者でも、運動をすると、認知機能をアップさせる遺伝子が出てきて、認知機能が上がるのだそうです。

しかし、老人になってしまうと運動するのは大変ですよね。

だから、運動ができない人(運動弱者)にでも運動(筋トレ)ができるようにEMSがあるのです。

また、HMBサプリを摂って筋肉の減少を防ぐことも大事なのだそうです。

京大病院では、怪我や手術の影響などで体が動かせない患者さんにEMS機器を使った治療を行い、目覚しい結果がたくさん出てきているそうです。

また、高齢者の多い地域でEMS機器を使った実証実験なども盛んに行われているそうです。

エベレスト登ると筋肉は減る!

SIXPADのCMで、三浦雄一郎さんがエベレスト登頂の際にSIXPADを使っていて「筋肉が落ちなかったよ」とおっしゃっているのですが、あの謎が解けました。

エベレスト

エベレストに登ると筋肉が増えそうな気がしますが、むしろ逆なのだそうです。。

8000m級の山に登るとゆっくりしか登れないので、筋肉は収縮してしまうのだそうです。

だからこそ、SIXPADを登山の時に持って行って使っていらっしゃったんだなと初めて知りました。

登山に詳しい方なら「当たり前」の話なのかもしれませんが・・びっくりしました。

また、三浦雄一郎さんはエベレスト登頂の前に心臓手術をされました。

その影響で筋トレできないときに、森谷教授のところに連絡されて、相談されたのだそうです。

そこで三浦さんはエベレスト登頂前のトレーニングをEMSを使って効果的にすることができたのだそうです。

EMS機器で20Hzがいい理由

1985年のご自身の論文を示しつつ、20Hzという数値は実際にヒトの運動神経が筋肉を刺激している数値であることを説明してくださいました。

20Hzより高周波のEMS機器は「血流は良くなるかもしれないが、筋肥大はしません」とのこと。

また、20Hzは確かに効く周波数だけれども、痛みが伴う周波数だったのを、独自の技術で痛みを減らすことに成功し、SIXPADが生まれたのだそうです。

SIXPADはアスリートのためだけの機器ではない

健康寿命の大切さがクローズアップされてくる時代。

SIXPADに関して、森谷先生は研究機関と連携して実験や開発を進めているそうです。

老後を健康に

人生の7割の医療費は健康寿命を損ねてからの10年で使ってしまうのだそうです。

一人一人が健康寿命を延ばしていければ、医療費を節約できます。

死ぬときまではなるべく元気でいたいですよね。

なんか夏休みの読書感想文みたいだけど・・^^;;

でも本当にそう思いました。

EMS機器の正しい理論・効果を世に広めたいという熱意が伝わるお話でした。

 

 

アバター

マス美

運動嫌いなのに筋肉女子に憧れる40代。 美ボディにもなりたいけれど、一番の目標は「一生動ける体づくり」。 ストレスなく続けられる自分なりの食習慣やトレーニング方法を模索中。

Copyright© オトナ女子の筋トレ&ダイエット , 2019 All Rights Reserved.